PIAGGIO MP3 250FL
ピアジオ

TOP PAGE     PIAGGIO PAGE    MP3 400FL PAGE

スクーター・イタリアーノ東京セントラーレ

PIAGGIO MP3 250

MP3 250FL

ニューコンセプトスリーター MP3

フロントホイール1リヤホイールMP3

今までの常識を打ち破る新しいカタチ、それがMP3。かつて極少数ではありますがスリーターバイクは日本をはじめ、世界で発売されておりました。スリーターやトライク、すなわち三輪バイクは通常フロント1輪、リヤ2輪という構造に対し、MP3はフロントが2輪、リヤが1輪という類稀なカタチなのです。フロントの足回りはパラレログラム構成の2インデペンデント テイルテイングホイールという方式を用いております。この独立した2つのホイールは走行時に各々の路面状況に最適な角度を保つため、ライダーの意思をリニアにホイールへ伝達することが可能です。コーナリング性能においても通常のスクーターに劣ることはなく、逆に石畳の道や雨天時の走行など、悪路においてはそれ以上の威力を発揮します。 MP3 FL

実はそんなに大きくないんです

MP3 FL MP3デザインで最も特徴的であるフロント2ホイール。初めてこの車両を見た時、多くの人は大柄な車体をイメージすると思います。前方へ2つタイヤをレイアウトすることにより視覚的に広面積に見えるのは当然のことです。しかし、MP3のフロントホイール幅は420mmと全く張り出していないため、通常のビッグスクーターと変わりなくスペースの問題は一切ありません。むしろ、パーキングロックシステムの恩恵で常にセンタースタンドと同様の地面に対し90度の状態で駐車が可能なため、置き場所へゆとりが生まれるかもしれません。

自動ロッキングシステム

MP3はフロント二輪、リヤ一輪という構造上から、車体が自立する、自動ロッキングシステムという機能がありまして、停車前にフロントのホイールが固定し車体のふらつきを防止することが出来ます。通常のバイクは停車時には足を地面に付かないと当然倒れます。対してMP3はフロアボードに両足を乗せたまま停車することもOKなのです。 MP3 FL

※写真はMP3 250FL

MP3 250 デザイン

さすがファッションの国「イタリア」、他に類を見ないフォルムをアーティステックな感性でデザインしております。
威風堂々たるフロントフェイスを持ちつつも、トータルフォルムは流線型のセクシィなラインを形成しております。

MP3 250FL MP3 250FL MP3 TOURING MP3 250FL
MP3 250FL mp3 250fl MP3 250FL MP3 250FL

※写真はMP3 250FL ブルーミッドナイトとなります。

MP3 250 カラーバリエーション

MP3 FL カラーバリエーション

グラファイトブラック ・ ブルーミッドナイト ・ オリオングレイ

カラー画像はこちら!

MP3 TOURING 価格

PAGGIO MP3 FL メーカー希望小売価格 ¥965,000(税込)
販売終了
PIAGGIO MP3 TOURING メーカー希望小売価格 798,000円(税込)

販売終了

お買い求めはべスパ・ピアッジオの正規取扱店、スクーターイタリアーノ店

PIAGGIO MP3 TOURING 外観

MP3 TOURING MP3 TOURING MP3 TOURING MP3 TOURING

PIAGGIO MP3 TOURING カラーバリエーション

カラーバリエーション : コスモブラック ・ オリオングレー ・ アンタレスレッド

MP3 TOURING 詳細画像

MP3 250Touring MP3 250Touring MP3 250Touring MP3 250Touring
MP3 250Touring MP3 250Touring MP3 250Touring MP3 250Touring
最新型となるMP3 Touringは、RLやFLと基本デザインは同じとしながらも、細部のデザインが多少異なります。ラジエターグリルはハチの巣状になっており、スクリーンも三段階の調整機能が標準で装備されてます。前後ホイールカラーやテールカウルのTouringロゴ等、外観上がアップデートされております。

MP3 装備

他に類をみないデザイン、これからの新しいカタチピアジオ MP3。

見た目のインパクトはもちろん、フロント2輪、リヤ一輪の特徴を活かした走行安定性が魅力。
mp3

足回り

MP3の最大の特徴でもあるフロント2ホイール。綿密に計算された自由度の高い足回りは的確にステアフィーリングをライダーへ伝達します。エンジンはピアジオ自慢の250ccクオーサーエンジン。しかも始動性、スロットルフィーリングに長けている次世代型燃料供給システムであるフューエルインジェクションを搭載。高出力はもちろん環境対策として厳しいヨーロッパの排気ガス規制検査である「 Euro3」を同時にクリヤしております。
mp3 mp3 mp3 mp3
自由自在に動くハンドリング 段差だってこんな感じ! 凄いの一言ですコレ! ピアジオ社の技術の賜物

※写真はMP3 RL

フロントロッキングシステム

MP3 FL こちらのスイッチ一つで、車体をチルトロック、または解除が行え、センタースタンドを使用せずにオートバイを自立させることが可能となります。そして「MODE]では、ライダーが必要とする情報をこちらのボタン一つで、切替し表示することが可能です。

メーター廻り

MP3 FL 高級感溢れるインストゥルメンタルパネル。左がスピード、右がタコメーターとなり、中央がマルチディスプレイとなります。トリップメーターやオドメーター、水温計、時計、給油警告灯、ベルト交換時期やメンテナンスランプなど多機能なディスプレイとなっております。尚、400FLのスピード計は250FLと比べ、180km/hまでディスプレイされ、逆にタコメーターは10,000rpmまでとなります。排気量が大きい分、力強いトルクで走ることが出来るのが特徴です。

ブレーキ

MP3 FL ホイールは 12インチのアルミニュウムダイキャスト製を採用、三輪とも240mmのデスクブレーキを装備します。リヤホイールは14インチを装着し、スポーティな走りや耐磨耗性を実現しております。

セキュリティ

MP3 FL キーは四輪高級車クラスを彷彿させる豪華で緻密な構造。そして昨今の車両盗難事情を考慮し、バイクとキーが認証し合い、エンジン始動を行えるイモビライザー機能も内蔵しております。

コンビニフック

MP3 FL ハンドル下にあるフックは、イタリアンモデルではお馴染みのアイテム。コンビニ袋からブリーフケースまで、日本のスクーターにあるコンビニフックとは違い、カバンなどをフックすることが可能です。不要なときは横にスライドさせることが出来るため、邪魔になりません。

ライト廻り

MP3 FL ヘッドライトは左がHI、右がLOになります。
マルチリフレクター式でハロゲン球を使用しているため夜間時も安心です。

シート&ラゲッジスペース

MP3 FL テールゲートにはジェットタイプのヘルメットが1個収納が可能です。夜間時に便利なライトも装備しております。ちなみにこちらはシート下と中が貫通しておりますので、長尺モノをこちらから収納することも可能です。 
MP3 FL シートはフロントとリヤが若干の段差を設け、ソロで運転している時には腰を段差の部分に当てることにより、バイクと一体感のある走りが出来ます。パッセンジャーについても段差を設けたシートで視界を確保。そしてホールド感があるタンデムグリップで快適な空間となることでしょう。フロントシートにはセンサーが付いており、車体に跨らない状態でアクセル操作をしても、回転が上がらないように抑止され、チルトロック機構を持つが故のトラブルを未然に防止してくれます。
mp3 250fl ラゲッジスペース面積はとても広いですが、浅いのが特徴となります。先にも説明した通り、テールゲートと貫通しておりますので、高さのあるヘルメットは後方に収納し、浅いヘルメットや表面積が広いモノはこちらへ収納することとなります。
MP3 FL テールゲート及びシート下のトランクルームをこちらのボタンで開閉することが出来ます。

エンジン

mp3 ご存知ピアジオ250cc「クオーサー」エンジン搭載。現在PIAGGIO社以外の他ブランド製品にも採用されいるくらい人気の高いエンジンです。そして燃料供給システムは電子制御式フューエルインジェクション。朝の始動時にも一発でエンジンがかかります。マフラーはヨーロッパの厳しい排気ガス規制「EURO3」をクリアし、静寂性に優れたものです。

ロゴデザイン

mp3 250fl 写真左がシート下にレイアウトされた「mp3」のエンブレム。

その他

MP3 FL フューエルリッドはここから!足元にガソリンタンクのレイアウトのため、低重心になり見た目よりも重量を感じさせない取り回しになります。そして垂直にスライドする銀色のバーはパーキングレバー。クルマで言うところの「サイドブレーキ」です。こちらのレバーを下から上にすると、リヤブレーキがロックされ車体が前後に動かなくなります。
MP3 TOURING シート裏にはレインシートカバーが装備されております。こちらは雨天時にかけておけば、雨の浸透防止や、乗車する際に着座する部分が濡れずに便利な装備となります。※画像にあるシガーソケットは400のみの装着となります。
MP3 FL ハンドルスイッチ左にはハザードランプも装備しております。こちらはエンジン停止時でも点灯させることが可能で、一般的な国産モデルの電気配線系と異なり、万が一バイクから離れなければ行けないとき、効果的な装備かも知れません。
MP3 FL タンデムバックレットがFLモデルから標準装備されております。小型で薄型なバックレストですが、オプションで設定されていた頃よりも強度があり、見た目とは裏腹に、パッセンジャーに安心感を与えてくれる装備となります。
MP3 FL テールゲートが開いた時はこのような感じになります。中央に大きめな「PIAGGIO」エンブレムがワンポイントレイアウトされております。
MP3 FL ウインドスクリーンはRLの頃に比べてロングタイプへと変更になり、色もスモークからクリアになりました。
MP3 250FL ラジエターグリルは、RLの時では横のラインだったのに対し、FLでは縦のデザインに変更となりました。

オプション

MP3のアクセサリーのことならコチラ!

Q. MP3って、普通車(四輪)の免許で乗れるって聞いたけど、ホント ?

A.いいえ、乗れません。
以前は乗れましたが、法律が変わり現在はバイクの免許の必要です。

三輪スクーターの運転免許を改正する内閣府令案が公布されました道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令案の修正について、多くのご意見を踏まえ修正するとの通知が警察庁よりありましたが、2009年6月22日内閣府令案が公布されました、施行日は2009年9月1日です。概略は下記の通りです。

1:公布日:2009年6月22日
2:施行日:2009年9月01日
3:主な変更点
運転には普通免許でなく、二輪免許が必要。
二輪免許を受けてから1年(高速道路を運転する場合は3年)又は、普通自動車免許で三輪スクーター運転を始めてから1年(高速道路を運転する場合は3年)を経過しない者は、二人乗りをすることができない。
4:現在自動車普通免許で乗られているユーザー様の経過措置
施行日2009年9月1日より1年を経過する日までは今まで通りお乗りいただけます。
(すなわち来年8月31日までは今まで通り普通自動車免許でお乗りいただけます。)
2009年9月1日より1年を経過する日までの間に、試験場で特別試験を受験して限定免許を取得した方は、引き続きお乗りいただけます。

警察庁交通局発表の内閣府令案、公布日平成21年6月22日 (pdf)  警察庁交通局発表の三輪の自動車の区分の見直し (pdf)

SPEC

車名 PIAGGIO MP3 250 FL
エンジン ピアジオクオーサーエンジン SOHC、4ストローク4バルブ、液冷単気筒
ボアー72.0mm、ストローク60.0mm、圧縮比、10.5:1、エレクトロニック インジェクシヨン
総排気量 244cc
全長/全幅/全高 2,130mm/745mm/-
ホイールベース 1,490mm
シート高 780mm
最高出力 最大出力、16.5Kw(22.5Bhp)/8,250rpm
最大トルク 最大トルク、21Nm/6,750rpm
燃料タンク容量 12L内リザーブ1.8L
燃費 -/L
乾燥重量 204kg
タイヤサイズ フロント、チューブレス 120/70-12" 51P リア、チューブレス140-60-14" 62P
乗車定員 2名

SNS

「いいね!」や「ツイート」ボタンを押して情報をみんなで共有♪


新車・中古車、国産・外車問わず、今注目の最新モデルから特価車まで常時800台保有しております。SCSなら貴方のお探しのバイクをきっと見つけてみせます。オートバイ購入で迷っている方!まずはお気軽に見積もりを!無理かな?なんて思ってた憧れの一台が、実は方法によってはすぐ購入出来てしまう事だってあります。当店では特別低金利のクレジットも72回まで受付しております。そしてバイクの下取りもしておりますのでまずはご相談下さい。大型店ならではのフルサポート体制でお待ちしております。お客様第一主義、それがSCSです。

(尚、修理・部品・カスタム等の相談はメール・電話ではお受け出来ませんのでお手数ですが直接ご来店でお問い合わせ下さい。)