イタリアピアジオ社 ポンデデラ工場
Pontedera plant of PIAGGIO in Italy

TOP PAGE     Vespa PAGE  PIAGGIO PAGE  PIAGGIO MUSEUM PAGE

ベスパ スクーターイタリアーノ東京セントラーレ

ピアジオ工場

PIAGGIO イタリア本社&工場見学

イタリア ポンテデーラにあるピアッジオ本社にある生産ライン。「PIAGGIO」は、元々1884年、リナルド・ピアジオ氏によりイタリアで創設された元々は輸送機器メーカー。鉄道車両や航空機の生産で培われた技術を背景に第二次世界大戦以降、スクーター生産にも乗り出し、そこで世界的に大ヒットとなった"Vespa"が誕生します。今なお続く歴史あるポンテデーラの工場敷地内では、長年培ってきた技術でイタリアを象徴する芸術的作品Vespaを熟練の職人たちが作り上げております。工場内部の様子を取材、撮影するのは日本で当店が初となります。こちらのページではVespaがどのようにして完成車となるのかがわかる、本邦初公となる画像や動画をご覧いただけます。

貴重な工場内の様子

イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 広大な敷地を誇るイタリア ポンデデラ工場。PIAGGIOグループのスクーター部門が此処で作られ全世界へ輸出されております。
他に類を見ない、Vespaを象徴するボディ構造である「スチールモノコック」。
画像下は、金型からの成型を終え、スタンバイ状態。これから一台ずつ機械でなく人間の手で塗装されていきます。
イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場
スチールモノコック塗装、乾燥、ボディ検査され、吊り上げ方式のコンベアで組付けエリアに運ばれます。
イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場 イタリア ピアッジオ社工場
エンジンやタイヤ等、個々に組み上がられたパーツたちが、さらにコチラでスチールモノコックと合体されます。エンジン組み付けやベルトコンベア方式に流れ作業で組み立てされておきます。最終的な組み付けに関しては、作業台に乗せ、人の手で一台ずつ作業されます。完成車は、各仕様地向けにパッケージングされ輸出されます。検査に合格しなかった車は、特定のエリアに分けられ、再度検査が行われます。

広大な敷地を誇るイタリア PIAGGIO社

イタリア ピアッジオ社 本社 イタリア ピアッジオ社 本社 イタリア ピアッジオ社 本社 イタリア ピアッジオ社 本社

ポンデデラに所在するPIAGGIO本社。工場に隣接して所在しますが、広大な敷地のため距離的にはかなりあります。例えるならば、当店(スクーターイタリアーノ東京セントラーレ)の近くに所在する東京大学の面積のように、一つの町全体がPIAGGIO社になっております。PIAGGIO本社内は解放感に溢れております。ベスパの年代ごとにスローガンとなった画が飾られたり、歴代モデルやAPEなどが箇所箇所に展示されております。社員憩いの場もあり、デザインやマーケティングなどの製造以外の業務を行う機関もあります。

イタリア ピアッジオ社 ポンテデーラ工場内の様子をまとめた動画

!音注意!

※動画後半には工場内の音が入ってます。
音声NGの環境の方は恐れ入りますがミュート設定での視聴お願いします。
本邦初公開となるベスパイタリア工場の様子。
日本で初めて当店が工場内部の映像を撮影することとなりました。動画では、ベスパの代名詞でもある”スチールモノコックボディ”が生産ラインに組み上がっていく様子がご覧頂けます。

イタリア ピアッジオ社 本社

address
Viale Rinaldo Piaggio, 7  I-56025 Pontedera(Pisa), Italy

イタリア ベスパミュージアムをご覧になりたい方は此方!

ベスパ博物館

イタリア ピアッジオ本社に併設されてるベスパミュージアムをご存知でしょうか?歴代の名立たる名車が展示されております。

SCSブログ ベスパ ピアッジオ社 イタリア本社訪問

SCSブログにて当店スタッフが ベスパ ピアッジオ イタリア本社に訪問した際に取材した記事をご覧いただけます。

SNS

「いいね!」や「ツイート」ボタンを押して情報をみんなで共有♪