販売・生産終了モデル

Vespa PAGE

販売終了モデル

下記のモデルは現在販売を終了、または生産を終了したモデルの一覧となります。

過去に販売されたSシリーズ

Vespa S125 Vespa S125
1970年代かの有名な名車 VESPA 50S、VESPA Primaveraをモチーフに現代風にアレンジし作られたのがこちら『S』シリーズ。
Vespa S50 Vespa S50 4T4V
1970年代かの有名な名車 VESPA 50S、VESPA Primaveraをモチーフに現代風にアレンジし作られたのがこちら『S』シリーズ。
S125/S150ie Vespa S125ie/150ie
イタリアンスクーターベスパの中でも異彩を放つ角目ヘッドライトが印象的なSシリーズ。LXよりもクラシカルなディテールを追求した一台。

過去の販売されたLXシリーズ

LX50 4T 4V Vespa LX50 4T 4V
伝統のスチールモノコックボディ&片持ちホイールのデザインを継承しつつ、グランツーリスモのデザインコンセプトに基づき設計されたシティユースのベスパ。これからのさらに進むエミッション対策にマッチした4サイクルモデル。
Vespa LXツーリング Vespa LX TOURING 50cc・125cc・150ccあり
人気モデルLXに豪華なアクセサリーを装備して登場した「LX TOURING」。”ツーリング”と言うネーミング同様、ライデンングをより便利で快適にさせる多数のアイテムが付いております。ベスパ純正アクセサリーならではのセンスの良いお洒落な装備は、利便性だけでなくドレスアップパーツとしても注目の一台。
LX50 Vespa LX50 2T
伝統のスチールモノコックボディ&片持ちホイールのデザインを継承しつつ、グランツーリスモのデザインコンセプトに基づき設計されたシティユースのベスパ。GTシリーズの長所とETシリーズの長所を兼ね備えたコンパクトで豪華な一台。厳しい排気ガス規定であるEURO2をクリアするなど環境にも適合した2サイクルベスパ。
Vespa LX125 Vespa LX125 (旧:キャブレター仕様)
伝統のスチールモノコックボディ&片持ちホイールのデザインを継承しつつ、グランツーリスモのデザインコンセプトに基づき設計されたシティユースのベスパ。GTシリーズの長所とETシリーズの長所を兼ね備えたコンパクトで豪華な一台。高性能のピアジオLEADER、4サイクルエンジン搭載し、滑らかで力強い走りが魅力の一台。
LX125 Vespa LX125 (新エンジンi.e. &3V)
ベスパシリーズの中でも最も人気が高いモデルと言えばLX。最高峰のGTモデルをよりコンパクトにさせ、シティコミューターとしてはベストな一台。09から燃料気化装置をフューエルインジェクション=ie化させ、始動性や環境対策にもマッチさせ、リニューアルしております。
メーカー希望小売価格409,000円(8%税込)
LX125 Vespa LX150 
街乗りで使うのがほとんどだからコンパクトなベスパがいいなぁ、二人乗りを多用するからパワーがある方がいいなぁ、万が一の時に高速道路も走行可能なベスパがいいなぁ・・・なんて思っている方多いと思います。LX150が追加LINEUPされました。これでタウンユースからいざという時の高速走行までマルチにこなせます。

過去に販売されたGTV/LXVXシリーズ

GTV300ie MonteNapoleone Vespa GTV300ie MonteNapoleone
Vespa最高峰モデルGTSシリーズに、フェンダーライトを持つさらなるpremium「GTV」が登場!フェンダーライトやサドルシート、パイプハンドルなどクラシカルさに磨きをかけた特別仕様。
LXV125 Vespa LXV125ie ※画像はieではありません
ピアジオ生誕60周年を記念して作れたショーモデルLX60。そのLX60の往年のベスパテイストたっぷりのスタイルに誰もが心を打たれ、そのモデルの生産化に期待したはず。そんなファンのリクエストにピアジオ社はクイックレスポンスし特別受注オーダー制で生産されたのがこちらLXV125。
GTV250ie Navy Vespa GTV250ie Navy
基本設計はGTS250ieと同様でありながら、1940年代のビンテージベスパのテイストを取り入れたフェンダーライト、メーター廻り、セパレートシートなどクラシカルでプレミアム要素がある一台。毎日気軽に乗れるよう、Navyモデルは一部パーツ変更し、実用面も考慮した仕上がりとなっております。
GTV250ie Vespa GTV250ie
ピアジオ生誕60周年を記念して作れたショーモデルGT60。そのGT60の往年のベスパテイストたっぷりのスタイルに誰もが心を打たれ、そのモデルの生産化に期待したはず。そんなファンのリクエストにピアジオ社はクイックレスポンスし特別受注オーダー制で生産されたのがこちらGTV250ie。  
LXV125 NAVY Vespa LXV125 Navy 
LXV125のもう一つのバージョン。リヤキャリアや本皮シートを廃止し、コストダウン化にも成功したプレミアムモデル。
GTV250ie Navy Vespa GTV250ie Navy
基本設計はGTS250ieと同様でありながら、1940年代のビンテージベスパのテイストを取り入れたフェンダーライト、メーター廻り、セパレートシートなどクラシカルでプレミアム要素がある一台。毎日気軽に乗れるよう、Navyモデルは一部パーツ変更し、実用面も考慮した仕上がりとなっております。

過去に販売されたETシリーズ

50ET2 Vespa 50ET2 FL  (ベスパ50ET2 FL)
ベスパ誕生50周年を記念してデビューした新世代ベスパETシリーズ。スチールモノコックボディ、片持ちフロントホイールなど伝統を守りつつ、現代にマッチしたデザインに変更されている。ハンドシフトやフットブレーキを廃止し、容易な操作で運転できるベスパとして脚光を浴びた。エンジンは空冷2サイクル単気筒を搭載。FLは従来の仕様よりシートが低くなっている。
125ET4 Vespa 125ET4 FL  (ベスパ125ET4 FL)
50と同型のプラットホームでありながら125cc、LEADER4サイクルエンジンを搭載した125ET4。50と比べ塗装部位の増加、イモビライザー、ホワイトクリアレンズの採用などラグジュアリーになっている。ちなみに動力性能もスポーツ車顔負けな点もあり、中間速度からLEADERエンジンならではのストレスのない加速には驚かされる。
Vespa 125ET4(ベスパ) Vespa 125ET4
現在FL(低シート)がラインナップされているが、それまでローシートでない125ET4が日本のマーケットの中心となっていた。足付き性とライディングにおける快適性は相反するところがある。乗り手のシュチュエーションにより良くも悪くもシートの高さで決まる事が多い。小柄でコミューター的に使用するならFL、ロングライドでも疲労感を与えない車輌を望むなら従来のET4をチョイスすると良い。

過去に販売されたPXシリーズ

PX PX125/200FL2
ベスパシリーズ最後のハンドシフトモデル。他に類を見ないエッジのきいたボディ、歯切れの良い2サイクルサウンドは今となってはコレだけ。ビンテージシリーズがなくった今、ベスパ元来のテイストを求めるならPXがおすすめ!昔ながらを頑なに守る気質でないピアジオ社だからこそ、現代にマッチしたディスクブレーキやマルチリフレクターHライト、分離給油などの改良が施されてもいる。
PXツーリング Vespa PX150 TOURING
PX150Touringは、ツーリングシリーズの最新版として2014年のミラノショーにてデビュー致しました。ベスパでツーリングを楽しむためのスクリーンやキャリアを標準装備し、ボディーカラーを専用色のシルクグレーのみとした特別仕様モデルです。

過去に販売されたGT/GTSシリーズ

GTS300TOURING Vespa GTS300ie Touring
GTS300Touringは、ツーリングシリーズの最新版として2014年のミラノショーにてPX150Touringと共にデビュー致しました。ベスパでツーリングを楽しむためのスクリーンやキャリアを標準装備し、ボディーカラーを専用色のシルクグレーのみとした特別仕様モデルです。
ベスパ GT200L Vespa GT125L /200L グランツーリスモ
グランツーリスモをコンセプトに登場した新世代ベスパ、GTシリーズ。これまで市街地ユーザー、コミューター型だったベスパを「郊外」、「ツーリング」へと誘う逞しい走りとボディが魅力。GTはベスパ初の水冷エンジンやリヤ2本サスペンションなどを搭載。大柄な車体など高速安定性や快適性、タンデム時までを計算し作られております。

Limited ver. 参考掲載

Vespa LX60 LX125をベースに開発された60周年記念ショーモデルとして公開された「LX60」。
そのLX60を完全受注生産したのがLXV125。
ベスパ往年のスワンネックモデルをイメージして作られた一台。
LXV125
Vespa GT60 GTS250i.e.をベースに開発された60周年記念ショーモデルで公開された「GT60」。
そのGT60を完全受注生産したのがGTV250IE
フェンダーライト頃を彷彿させるクラシカルなシルエット。さらにセパレートタイプの本革シート等を装備。
GTV250ie

新車・中古、国産・外車問わず、今注目の最新モデルから特価車まで常時800台保有しております。SCSなら貴方のお探しのバイクをきっと見つけてみせます。オートバイ購入で迷っている方!まずはお気軽に見積もりを!無理かな?なんて思ってた憧れの一台が、実は方法によってはすぐ購入出来てしまう事だってあります。当店では特別低金利のクレジットも72回まで受付しております。そしてバイクの下取りもしておりますのでまずはご相談下さい。大型店ならではのフルサポート体制でお待ちしております。お客様第一主義、それがSCSです。
(尚、修理・部品・カスタム等の相談はメール・電話ではお受け出来ませんのでお手数ですが直接ご来店でお問い合わせ下さい。)