Vespa GTS250ie

TOP PAGE   VESPA PAGE   GTV250ie PAGE  GTS300ie PAGE SCOOTER ITALIANO PAGE

ベスパ スクーターイタリアーノ東京セントラーレ

VESPA(ベスパ)GTS250ie

GTS250

Vespa  PIAGGIO社 VESPA伝統のスチールモノコックボディ&フロント片持ちサスを採用した従来のモデルをベースに、グランツーリスモ(GT)で進化した水冷エンジン&ダブルリヤショック。この最強ベスパを更に磨きをかけたモデル、それが「GTS250ie」。かの有名なベスパGSモデル ベスパ90ssモデルのようにエキストラスピードとスタイルを追求したベスパです。 イタリア

GTS250ie

ロングライドにおける快適性を徹底研究され作り上げられたモデルがグランツーリスモスポーツ(GTS)シリーズ。シティユーザーの日頃の足として活躍しているVESPAたちにもう一つ新しいステージを開拓してくれました。ベスパの中では一番大柄なボディサイズはタンデムも快適。パワフルでゆとりある排気量は長距離走行しても疲労を軽減してくれます。都会から抜け出し、海や山へ週末にくりだすには格好の一台となります。

Vespa GTS Image Video

こちらはVespa NewGTSのオフィシャルビデオです。
排気量やボディカラー等、日本向けの仕様とは一部異なりますが予めご了承下さい。

Vespa GTS250ie 価格

New GTS250 メーカー希望小売価格698,000円(8%税込)

Vespa New GTS250ie 主な変更点

1.新設計のESS(強化スライディングサスペンション)を採用
2.ウインカーと一体になったLEDポジションランプ(ウインカーはバルブ球)
3.トリップメーターが追加され、デザインが一新されたメーターパネル
4.ベスパ946から継承するホーンカバーデザインを採用
5.新形状のシート及びテールランプ
6.USBポートをグローブボックス内に設置
7.ベスパマルチメディアプラットホーム(VMP)に対応

Vespa New GTS250ie カラーバリエーション

Vespa New GTS  バルカンブラック
Vespa New GTS  ドロミテグレー
Vespa New GTS   ミッドナイトブル

実車は上記画像と一部異なる場合がございます。

Vespa New GTS スタイリング

Vespa New GTS Vespa New GTS Vespa New GTS Vespa New GTS

上記画像はGTS300の画像を使用しております。

Vespa GTS250ie 実車画像

※2016年以降のGTS250は右サイド(テール)部にスリットが加えられたタイプが入荷。年式で異なるのか、スポット生産(時期)によってフレームベースが異なるのか未定ですが、お買い上げいただく車体の仕様の画像と異なる可能性があることは予めご容赦お願いします。

GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト
GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト GTS250モンテホワイト

上記カラーはモンテホワイト

GTS250バルカンブラック GTS250バルカンブラック GTS250バルカンブラック
GTS250バルカンブラック GTS250バルカンブラック GTS250バルカンブラック

上記カラーはバルカンブラック

       

上記カラーはドロミテグレー

GTS250 GTS250 GTS250 GTS250
GTS250 GTS250 GTS250 GTS250

上記カラーはブルーミッドナイト

【スチールモノコック】
ベスパの代名詞でもあるスチールモノコックボディ。ベスパは他のモーターサイクルやスクーターと一線を画す点として、ボディ全体がフレームの役目を果たす構造になっております。ベスパはクルマ(四輪)のようにボディ全体を頑丈な鉄で構成することにより、重厚感ある安定した走りをみせます。そしてベスパならではの色艶や高級感を放ちます。

Vespa GTS250ie ディテール

パワーユニットは244cc、4ストローク水冷単気筒ピアッジオクオーサーエンジンを搭載。ヨーロッパの厳しい排気ガス規制である「EURO3」もクリアしておるローエミッションエンジンとなります。
メーターは2014年よりデザインが一新され、扇形のホワイトメーターになりました。上方にはスピードメーター、下中央にはマルチディスプレイがレイアウトされ、水温計やガソリン計、ODO(走行距離)メーター等が一括表示されます。尚、今回よりトリップメーターも新設されております。
ベスパの代名詞でもあるスチールモノコックボディと同様、発売当初から変わらぬ伝統的な装備となるフロントのモノリンクアームサスペンション(フロント片持ちサスペンション)。2014年よりESS (強化スライディングサスペンション)に変更されております。ブレーキは油圧式220mmディスクブレーキを採用しております。 
GTS250ieはリクライニング式のリアキャリアが標準装備されております。使い勝手だけでなく、デザイン性としても注目のファッションアイテムで、ベスパのクラシカルな雰囲気を際立ててくれます。
イタリアンスクーターの大半に装備されている荷掛けフック。日本車のコンビニフックと違い、ブリーフケースやハンドバッグ等がフック出来る大きさ。フック横にある黒いボタンは電子式シートロック解除。カギでの操作無しにシートの開閉が行えます。
荷掛けフックは左画像のようにスライドして使用します。グローブボックスはキーの差し替えなく、またエンジン始動中でも開閉することが可能なため非常に便利。信号待ち中、地図やサングラス、小物などの出し入れが出来ます。グローブボックス内には、車載工具入れもあります。
 2014年モデルよりUSBポートが新設され、VMP(ベスパ マルチメディアプラットフォーム)に対応しております。
NewGTS250は従来型よりもメットインスペースが拡大されました。セミハーフタイプヘルメットやハーフキャップヘルメット程度なら二個収納出来ます。※フルフェイスやシールド付オープンフェイスヘルメットはNGなので、シート前方にあるヘルメットホルダーや別途トップケースの装着が必要となります。
2014年モデルより採用されたLEDポジションランプ(ウインカーはバルブ球)。ベスパのデザインを物語る上で重要部分となるホーンカバー。現在リリースされているモデルは全てV字×3のシャープデザインに一新されております。
サイドスタンドも標準装備されております。
※オートリターン式なので、長期時間でのご利用は当店ではおすすめしておりません。
 機能的で豪華なタンデムステップは、モノづくりへのこだわり、ベスパらしさが溢れています。
ハンドルグリップをはじめ、メーターやシート、フォークカバー、フロアボード等至る所に「Vespa」のロゴが見え隠れしております。豪華で高級感溢れる世界のプレミアムスクーター「Vespa」をオーナーズマインドを刺激する細かな演出です。

シート下収納スペースを旧型と比較

NewGTS250はシート下の収納スペースが拡大されております。旧型と比較してみました。
これまで入らなかったヘルメットや小物の横幅や張り等の形状の改良で格段に使い勝手が増しております。
これらはシート下収納スペースの樹脂、通称バケツのみを交換でなく、スチールモノコックの開口部からの改良しております。

bucket bucket bucket bucket

ベスパ GTS アクセサリー

ベスパ オプショナルパーツはこちら!

ベスパ アパレル・グッズはこちら!

ベスパパーツのことならコチラ!

これまでのGTSのご紹介

GTS250のデザイン&カラー 過去に発売されていたGTS250i.e.の詳細はこちら!

SNS

「いいね!」や「ツイート」ボタンを押して情報をみんなで共有♪

SPEC (諸元表)

車名 ベスパ GTS250
エンジン 4ストローク水冷単気筒 SOHC4バルブ 244cc エンジン 
 フレーム スチールモノコックボディ 
全長/全幅 1930mm/755mm/1170mm
ホイールベース 1370mm
シート高 790mm
燃費 -
 最高出力 21HP/8500rpm 
 最大トルク 19.9Nm/6750rpm 
 トランスミッション 自動無段階変速(CVT) 
クラッチ  自動遠心クラッチ 
 フロントサスペンション 片持ちリンクアーム式 強化スライディングサスペンション(ESS) 
リヤサスペンション  プリロード調整式デュアルアクションツインショックアブソーバー 
 フロントブレーキ 油圧式220mm ディスクブレーキ 
リヤブレーキ  油圧式220mm ディスクブレーキ 
燃料タンク容量 9.5L リザーブ2L
乾燥重量 151kg
タイヤサイズ フロント チューブレス120/70-12 ・ リヤ チューブレス 130/70-12
乗車定員 2名



見積り依頼はこちらから!

新車・中古、国産・外車問わず、今注目の最新モデルから特価車まで常時800台保有しております。SCSなら貴方のお探しのバイクをきっと見つけてみせます。オートバイ購入で迷っている方!まずはお気軽に見積もりを!無理かな?なんて思ってた憧れの一台が、実は方法によってはすぐ購入出来てしまう事だってあります。当店では特別低金利のクレジットも72回まで受付しております。そしてバイクの下取りもしておりますのでまずはご相談下さい。大型店ならではのフルサポート体制でお待ちしております。
お客様第一主義、それがSCSです。

(尚、修理・部品・カスタム等の相談はメール・電話ではお受け出来ませんのでお手数ですが直接ご来店でお問い合わせ下さい。)